2016年5月16日月曜日

福島原発事故から5年後。改めてチェリノブイリ法に注目したい。

チェルノブイリ原発事故から5年後に制定されたチェリノブイリ法のことは前から聞いていたけど、チェルノブイリ法を日本に初めて体系的に紹介したロシア研究者の尾松亮氏の話を聞いて、改めて注目したいと思った。

チェリノブイリ法では
半径30キロ圏→強制避難者
年5ミリシーベルトを超える地域→移住が義務づけられた
年1ミリシーベルトを超える地域→避難の権利が認められた
日本の場合は「事故直後に20キロ圏を強制的な避難指示区域に指定した上で、その後も年間20ミリシーベルトを超える被曝が想定される地域を避難の対象地域」(いまだに!)

チェリノブイリ法が画期的なのは、事故は(オペレーターのせいであり)国のせいではないとしながらも、広い地域が汚染されたのだからそこに住む被災者を保護するのは国の責任だと明確に定めていること(日本の政府はそれをやってない)。

年1ミリシーベルトを超える地域の人は、健康被害が出た時、原発事故のせいかどうか証明する必要なく、支援が受けられる。例えば、甲状腺癌になったのが原発のせいかどうか証明する必要なく、支援を受けられる。

旧ソ連がすごいのはいまだに健康診断を1000km圏とか遠い地域でも大人含め対象に毎年行っているということ。日本の甲状腺検査は福島県だけでやっていて、事故当時18歳以下の子供が対象。20歳までは2年ごと、以後は5年ごとになっちゃう...。チェリノブイリでは大人になってから発症したケースも多いらしいのに。

尾松さんは、ロシア語のチェリノブイリ文献を翻訳する中で、日本ではよく聞く「復興」という言葉が使われてないことに気づく。「汚染土壌の回復」「被害の克服」という言葉は使われるけど「復興」というあいまいな言葉は使われてない。

日本で言われる「復興」とは何か? 

それは人口という数値で計られているのではないか? そうすると、自主避難なんてのは邪魔になる。政府が戻っていいというんだから、戻れ。戻らないなら、それはあなたの選択なのだから、支援は打ち切る。というのが今の流れ。

避難している住民の中で戻ることに消極的な人々の中には、福島原発に近いから戻るのが怖いと言っている人もいるという。それも当然でしょう。だってサミットのために廃炉作業にストップかけるフクイチが近いんだもん。

なんだろう、このチェルノブイリとの差は。

ソ連が合理的になれたのは、国土が広いせい? 人口が密集してないから?




朝日新聞デジタルの記事
(核リポート)事故から30年、チェルノブイリ法に学ぶ  2016年4月14日

を参考にしました。(どちらも全編見るには会員登録が必要です)


もっと詳しく知りたい人は東洋書店新社から出ている
『3.11とチェルノブイリ法 再建への知恵を受け継ぐ』を。
http://books.rakuten.co.jp/rb/13823007/ 

2014年9月6日土曜日

柏や取手にホットスポットを作ったプルームのセシウム濃度

プルーム(放射性雲)が2011年3月15~16日、21日に茨城や千葉に飛来した(そのせいで、ホットスポットができた)という情報自体は震災直後からあったように記憶している。あらためて、取手と柏の数値の高さを確認。今更とも思うけども、福島第一原発事故の被害の全貌が世間により正確に把握されるため、原発事故が起きるとプルームで放射能汚染が遠くまで及ぶことを共通認識にするためにも、こういう記事が上がってくるのは大事だと思う。

毎日新聞より

東日本大震災:福島第1原発事故 東北・関東、1週間後にも放射性雲 セシウム高濃度

毎日新聞 2014年09月05日 東京夕刊

原発事故後2回の放射性プルーム拡散
原発事故後2回の放射性プルーム拡散

東京電力福島第1原発事故後、上空に巻き上げられた放射性物質の雲状の塊「放射性プルーム(放射性雲)」が、これまで知られていた2011年3月 15〜16日に加え、約1週間後の20〜21日にも、東北・関東地方に拡散していく状況が、原子力規制庁と環境省による大気汚染監視装置のデータ分析から 裏付けられた。1回目の放射性雲の影響で高くなった空間線量に隠れて、2回目の放射性雲が見逃されていた地域もあった。専門家は「データは住民の初期被ば く量を正確に見積もるのに役立つ」とみている。【酒造唯、阿部周一】

 放射性雲の拡散はこれまで、「緊急時迅速放射能影響予測システム」(SPEEDI)を使ったコンピューター計算に各地の空間線量や航空機による観測データを突き合わせて推定してきた。

 今回、環境省が各都道府県に設置している自動車の排ガスなどを常時監視する装置に着目。東京大大気海洋研究所や首都大学東京などに依頼し、大気中 に浮遊するちりを1時間ごとに捕まえたろ紙を9都県約90カ所の測定局から回収して、3月12〜23日分の放射性物質濃度を調べた。

 その結果、福島市の一つの測定局では15日夜、放射性セシウム137と134の濃度が1立方メートルあたり最大計45・5ベクレルを計測した。 16〜19日も、原発から放射性雲が出続けていたと考えられるが、西風で太平洋側に運ばれたため、大気中濃度は上がらなかったらしい。その後、風向きが変 わり、20日午後3時に同計104・1ベクレルに高まり、その状況は21日朝まで続いた。

 雨が降った15日は放射性物質が地表や家屋に沈着し、空間線量が1時間あたり20マイクロシーベルト程度まで急上昇したため、放射性雲が飛来した ことが広く知られているが、雨が降らなかった20〜21日は、既に高くなっていた空間線量計の値が目立って上昇しなかったため、放射性雲が見過ごされてき たと考えられる。

 関東地方では、15日と21日の2回、帯状に高濃度の放射性雲の拡散が確かめられた。特に21日朝は茨城県南部や千葉県北東部で放射性セシウム濃 度が急上昇。その後、東京湾北東沿岸部へと南西に移動した。その間、雨で沈着し、各地で「ホットスポット」と呼ばれる局地的に線量の高い場所を作ったとみ られる。

 福島原発事故の環境汚染に詳しい森口祐一・東京大教授(環境システム学)は「大気中のセシウム濃度がいつ、どこに拡散したかを示す貴重なデータが発掘された。このデータは住民の初期被ばく線量の正確な把握に役立つ」と指摘する。

==============
 ■ことば

 ◇放射性プルーム(放射性雲)

気体状、またはちりなどに付着した粒子状の放射性物質が雲のような塊になって大気中を流れる現象。高濃度のプルームを吸い込むと内部被ばくする。上空を通過した場合でも降雨や降雪で家屋や地面などに沈着すれば外部被ばくの原因になる。


---------------------------------------------------------------------------

また、平成25年度放射性物質測定調査委託費(浮遊粒子物質測定用テープろ紙の放射性物質による大気中放射性物質濃度把握)事業の報告書PDFを見ると、宮城、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川の各地点の結果が見られます。3/15に100ベクレル近い数値を記録している地点は茨城、埼玉、千葉・東京の一部に見られました。神奈川はおおむむ低かったです。(p375以降のグラフが見やすい)

http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/10000/9771/24/tape_1.pdf

2014年8月27日水曜日

茨城のちりからウラン検出

またもや久々の更新です。こんなニュースがさりげなく流れていたのが気になりました。

福島第一原発から約170キロ離れた茨城県つくば市で2011年3月14日に採取されたちりから、核燃料や圧力容器の材料が出てきたということです。

3年以上経ってやっと出てくるのですね、こういうデータが。

東京新聞より

茨城のちりからウラン検出 原発事故の溶融燃料

2014年8月27日 17時35分
 東京電力福島第1原発事故直後に約170キロ離れた茨城県つくば市で採取した大気中のちりから、核燃料や原子炉圧力容器の材料のウランや鉄などを検出したとの研究結果を東京理科大と気象庁気象研究所のチームが27日までにまとめた。
 事故で溶けたウラン燃料が原子炉内の他の物質と混ざった状態で外部に放出されたことを裏付ける結果で、同大の中井泉教授は「事故直後の炉内や放射性物質の放出状況の解明につながる」とさらに詳しい分析を進めている。
 チームは、2011年3月14日夜から翌朝にかけてつくば市の気象研究所で採取された高濃度の放射性セシウムを含む粒子に着目し分析してきた。
(共同)
 

2014年3月9日日曜日

「関東の子どもたちの異常について」三田茂医師

3.11が近づいていることもあり、改めて被曝について考える動画を紹介します。東京で1500人の患者に血液検査、甲状腺検査をした医師の見解です。

“20140214 UPLAN 三田茂医師「関東の子どもたちの異常について」(医師講演・被ばく連続学習会)”




以下、この講演を主催した放射線被ばくを学習する会
のHPより要点を転載します。

 ☆きーこ様「♪みんな楽しくハッピーがいい」(要点文字起こし)~2/14三田茂医師
  • <甲状腺基礎知識> 「甲状腺がん・甲状腺腫瘍を扱うのは 内分泌内科ではなく、耳鼻科や頭頸部外科」
  • <甲状腺疾患>「今後は今までの常識とは違う」~関東の子どもたちの異常について(1)
  • <血液検査>「ホットスポットに住む4歳男子」~関東の子どもたちの異常について(2)
  • <白血球・好中球・リンパ球> 「小児で全体的に大きく減少」~関東の子どもたちの異常について(3)
  • <白血球異常> 「前は2回測ってもいなかった地域の子から異常が出始めるようになった」~関東の子どもたちの異常について(4)

  • <質疑応答1>「僕が東京を出て岡山に行く理由」
  • <質疑応答2> 「だけど、医師会は動かなかった
  • <質疑応答3> 「"観察した結果好中球が減った"というのが僕の結論です」

2013年12月13日金曜日

4号機の核燃料取り出し作業 進捗報告は週1に

最初の方こそ、細かく作業の進捗状況が報告されていた福島第一原発4号機の使用済み核燃料プールからの燃料移送状況ですが、東電の意向で週一になるそうです。何かあったら一大事のこの危険な作業。東電だけでなく、第三者機関を入れてモニターすべきじゃないのでしょうか。


福島民報
より(青字化筆者)

使用済み核燃料22体移送 第一原発4号機 未使用と合わせ66体終了

東京電力は9日、福島第一原発4号機使用済み核燃料プールからの燃料移送状況を発表した。新たに使用済み燃料22体を移した。
 これまでに計3回、使用済みと未使用合わせて66体の移送を終えた。
 燃料は、燃料輸送容器(キャスク)に収納し、4号機建屋から約100メートル離れた共用プールに運んでいる。11月18日に作業が始まり、計1533体を移送する。
 東電は3回目の作業から「核物質防護上、公表しない」としており、1週間に1回程度進捗(しんちょく)状況のみを発表する。

2013年12月3日火曜日

見落とされていた東海再処理施設の危険性

長らく原発関係のことは何も書いてませんでしたが、東海村の再処理施設のニュースだけは押さえておくべきと思うので載せます。 

朝日新聞より(青字化筆者)

原子力機構の高レベル廃液、水素爆発の恐れ 東海村

2013年12月2日18時03分
原子力規制庁は2日、日本原子力研究開発機構の東海再処理施設(茨城県東海村)のプルトニウム溶液と高レベル放射性廃液の調査報告書をまとめた。廃液が430立方メートル処理されずに残っており、安全装置が壊れると沸騰して放射性物質が飛散したり、水素爆発を起こしたりする恐れがあるという。

 施設は高速増殖原型炉もんじゅなどのプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料用にプルトニウムを抽出している。施設内には液体プルトニウム3・5立方メートル、高レベル廃液は430立方メートルある。

 本来、液体プルトニウムはMOXの粉末にし、高レベル廃液はガラスで固めて保管する。しかし、耐震対策や機器の故障などで、2007年から処理装置が止まったままになっている。

 規制庁の調査によると、事故などで冷却設備や水素除去設備などの安全装置が故障すると、高レベル廃液は55時間で沸騰して放射性物質が飛散、水の放射線分解で水素が発生して38時間で爆発する恐れがあるという。プルトニウム溶液は23時間で沸騰、11時間で水素爆発する恐れがある。

 原子力機構は、液体プルトニウムは 1年半ほどかけて640キロのMOX粉末にし、高レベル廃液は20年かけて、630体のガラス固化体にする計画だ。処理施設を稼働するには、18日に施行 予定の国の新規制基準に適合しなければならない。だが、原子力機構は廃液のまま保管する危険性をふまえ、特例で適合前に装置を動かせるよう求めている。今後、原子力規制委員会で検討する。

 

秘密保護法案反対の署名・声明いろいろ






 参議院審議中の秘密保護法案に反対する署名、賛同者を募っている声明の一覧です。

①「知る権利」を守ろう 公明党、みんなの党および日本維新の会に秘密保護法案の支持の撤回を呼びかける緊急署名http://www.avaaz.org/jp/days_to_save_our_rights_to_know_c/?twi

②【緊急署名12/4まで】私たちは特定秘密保護法案に反対し、廃案を求めます!

発起団体:ビジョン21(http://www.yasudasetsuko.com/vision21/index.html



③特定秘密保護法案に反対する表現人の会
発起人代表:坂本龍一、村上龍、高橋幸宏、浅田彰、後藤正文、中沢新一、中島英樹、奈良美智、岩井俊二、大友良英、鴻上尚史、津田大介 他
何らかの表現者であればプロ・アマ、経歴、国籍問わないとのこと。声明、賛同表明は下記参照。



④特定秘密保護法案に反対する学者の会
ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英氏や、ノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏、神戸女学院大学名誉教授で哲学者の内田樹氏など2000人以上の学者が声明を出した。声明、賛同表明はリンクにて。


⑤特定秘密保護法案に反対する学生へ
〜滋賀大学の学生から署名の呼びかけ。

⑥「特定秘密保護法案」に反対する映画人の会(準備会)の呼びかけ文と賛同用紙。
http://cine-front.co.jp/images/onegai.pdf

高畑勲監督、宮崎駿監督、是枝裕和監督など映画人264人が賛同した。

http://www.asahi.com/articles/TKY201312030272.html 

⑦特定秘密保護法案に反対する医師の会 
 
⑧児童文学者たちが秘密保護法案の廃案を求める共同声明を出した模様。

赤旗より
直木賞受賞作家の森絵都、「ズッコケ3人組」シリーズの那須正幹、「魔女の宅急便」の角野栄子、「ガンバとカワウソの冒険」の斎藤惇夫の各氏ら児童文学者 や絵本作家、講談社、偕成社、岩崎書店、太郎次郎社エディタス、金の星社、評論社、福音館などの出版関係者、書店の児童書担当者など140人を超す人が賛同